2010/02/01

アングレーム国際BDフェスティバル




アングレームで開催された第37回国際バンド・デシネ祭に行ってきました(HP:http://www.bdangouleme.com/)。






アングレームの街を挙げてのお祭りで、各会場間を移動する間にも、こんな風に壁にイラストが描かれていたり、いろいろなお店のショーウインドウにさりげなくバンド・デシネが並べられていたりします。






大きめの通りには、こうして赤い玉がネットで宙に浮かべられていて、ポップな雰囲気を醸し出しています。






ソファーに座ってバンド・デシネを読むことができる場所もありました。





会場では、いろいろな出版社のブースが立ち並び、様々なジャンルの作品が売られています。






鮮やかな色彩で、ひときわ目を引いた『僕の目のなかで(Dans mes yeux)』という作品を購入しました。






作者はこの方、バスチャン・ヴィヴェ(Bastien Vivès)さん。かっこいいですね。マフラーがおしゃれ。
会場では時間によって、購入した作品に直筆の絵とサインを描いてもらえるコーナーがあります。これは、相当うれしい。




テアトルでは、バンド・デシネと音楽の融合みたいな企画をやっていました。
生演奏で音楽が演奏される中、舞台上で書かれたイラストがそのままスクリーンに映し出されていきます。



他にも様々な展示会や企画展があって、とても一日では見て回れないほど。
日本からも『ワンピース』などの作品が参加しています。

マニアにも、そうでない人にも、いろいろな楽しみ方が用意されていて、どっぷりバンド・デシネの世界に浸れるお祭りでした。